teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

【重要】teacup. byGMOのサービス終了について
 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. 返信ありがとう(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


河豚の墓場の様相

 投稿者:kururin  投稿日:2022年 4月 3日(日)16時16分44秒
編集済
   「べっさん」さん、

「少し前の某港にある魚が大量にわいた時も、噂を聞いてポイントに密集した釣り人の間で、パトカーが呼ばれるほどの騒動が何度か有った」

という事件について、今度、詳しく教えてくださいね。

 釣り師の心ない行状として、私が筆頭に挙げたいのは「フグ殺し」です。

 黒鯛(チヌ)釣り師が釣り上げて、堤防上にほっぽり投げてそのまま放置され、干乾びたフグたちの亡骸(なきがら)。前によく通っていた西堤(新荘漁港)には、哀れ、両指で数えて足りないほどの数のフグの死骸が、いつ行ってもありました。「河豚の墓場」の様相を呈し、可哀想でそのまま見て見ぬふりをするにしのびなく、一匹一匹の尾っぽをつまんで、全部海に返してあげました。

 トンビ、アオサギ、カラスたちって、ボラ、ベラ、ゲンナイ、ニロギはちゃんと食べるのに、フグの毒を知っているのか、これだけはけっして食べようとはしないために、外道として投げ捨てられるあまたのお魚さん群の中で、フグ族だけが堤防上に置き去りとなって「河豚墓地」となるのですね。

 また、釣りをしている際に、私がクサフグやコモンフグをすぐさまリリースしていると、横のおんちゃんに怒られたこともあります。

「おまんが逃がすき、またフグがわりことをするろうがよ!」

 わりこと(悪い所業)。どっちが。???ですよ。

 驚愕の殺戮の光景を目撃することもしばしば。釣れてきたフグを堤防上やテトラ上で思いっきり踏みつぶすのです。ときには、空気を目いっぱい吸い込んでパンパンに膨らんだ状態で、足を上げて踏みつけるので、「パン」という破裂音とともに即死するフグも。あまりの残虐行為に、開いた口がふさがりません。

 食べない殺生はせられん。父から、幼い時からずっと聞かされているので、フグでもボラでも黒鯛(チヌ)でも、キャッチ&リリースの時にはできる限り優しく丁寧に扱い、手を濡らして魚体が火傷を負わないように留意してつかんで鉤を外して、海に返す私からすると、情け容赦ないプー〇ンの如き輩の所業を見ていると、どうにもこうにも腹の虫がおさまりません。

 でも、指摘すると、口汚く醜い土佐弁の言い合いとなった挙句の果て、堤防上での決闘となって、私が得意の「正義の一本背負い」でコンクリの上にブチつけて骨折のうえ気絶させてしまい、警官に「殺人未遂」で逮捕され、新聞沙汰となり、塾経営上の大きなマイナスとなり、塾がつぶれる憂き目に遭うことになるので、見て見ぬふりを決め込むしか能がないのが悔しいです。
 
 

いつも、誰もが、どこにも、なぜか

 投稿者:べっさん  投稿日:2022年 4月 2日(土)23時04分24秒
編集済
  エリアの占有権を有してるわけでもなく、
重大な違法行為として扱えるわけでもなく、
独占的な漁業権を持ってるわけでもなく、

と言ってしまうと悲しい限りですが、

少し前の某港にある魚が大量にわいた時も、
噂を聞いてポイントに密集した釣り人の間で、パトカーが呼ばれるほどの騒動が何度か有ったと聞いています。

釣り仕掛けは、扱いを間違うとかなりの凶器になりますし、
新聞や情報誌には、釣りの楽しみだけでなく、そういった問題や課題も皆で考えて貰えるよう、
大きな事故や事件に繋がらないよう、敢えて取り上げて頂きたいです。

でもまあ、いつも思うのは、"釣りに限らず"って事でしょうかね。
 

嘆かわしい反響も

 投稿者:kururin  投稿日:2022年 4月 2日(土)18時57分26秒
編集済
   「べっさん」さん、聞いてくれますか、私の嘆き節を。

 湾奥悲願ブリを大勢のギャラリーの前で釣り上げ、嬉々として掲示板とブログで釣り天狗になって自己顕示欲丸出しの記事と写真を上げ、さらには新聞記事にもなって、祝福の言葉や羨望の声をいただいて釣り師の自尊感情マックスになりました。

 天狗の鼻がどんどん伸び、エヘンと胸を張って、我が世の春を謳歌…ですが、嘆かわしい反響もいくつかあります。

 第1。私のファイトの目撃者か、噂を聞いた人か分かりませんが、2日後に向かいの突堤で泳がせ釣りをしていると、本格的なルアーマンがブリ釣果のポイントに来ていました。それはいいのですが、ルアーを遠投しまくり、私が泳がせ釣りをしていてウキが漂っている近くの、私の釣り座のすぐそばまで投げ込んできたのです。う~む、嘆かわしい。

 第2。3日後、2人の釣り師が同ポイントに来て釣りをしていたのを、買い物の帰りに見かけました。噂を聞いたのでしょうか。翌日、私が釣りに行くと、マキエサの残り、添加剤の袋、コンビニのレジ袋やおむすびの入っていたビニール袋、すべてをそこに置き土産。これはいただけません。う~む、嘆かわしい。

 第3。これは今日のことです。湾奥のここのポイントでは見たことのない光景です。漁師によって網が張られているのです。北側の避難港から警察船係留突堤前まで、かなりの長さの網です。私は釣りをしている最中に、夫婦で上げに来て作業をせっせとしていました。う~む、嘆かわしい。なにもここに網を張らなくてもよいものを。

 色々な人がいるものです。そうそう、大型ワゴンで釣りに来ている夫婦連れもいて、車のナンバープレートを見ると「京都」。私の悲願ブリ釣果と関係があるのかないのか。色々な思いが脳裏を去来する今日この頃です。

 
 

4月1日

 投稿者:べっさん  投稿日:2022年 4月 1日(金)18時57分24秒
編集済
  ほー、奇遇です。

私もホームリバーで、131㌢のスズキと201㌢のアカメと301センチのバンドウイルカをトリプルでゲットしました。

最後の獲物はランディング前に、潜んでいたゴジラらしきものに食いちぎられましたが。
 (^_^)-c<^_^;)あ痛てて
 

オスカー並みの金字塔

 投稿者:kururin  投稿日:2022年 4月 1日(金)16時03分18秒
編集済
   「べっさん」さん、本当にありがとうございます。

 「同好の士」の同級生の存在は、嬉しく頼もしいです。堤防からメーター級のブリを釣り上げることの稀有さ、至難さは、おかっぱり釣り師の貴殿には深く理解していただけると確信しています。

 千載一遇のチャンスが、突如訪れ、空前絶後の大格闘の末、薄氷を踏む思いを味わいつつ、やっとのことで勝利することができました。

 通りかかった車の方々がみんな降りてきて、人垣を作って興味津々、私の大魚とのやり取りを固唾を飲んで見守ってくれました。ギャラリーの面前で、ファイトを満喫してもらえて、しかも、取り込みに成功できたことは、おおいなる自信をもたらしてくれましたし、オスカー並みの金字塔となりました。

 我がトロフィーの彼岸ブリ。悲願のブリ。昨年1月の釣果、自己記録の88.5㌢のヒラスズキの写真は、fish on コーナーでボツになって悲嘆にくれていましたが、ブリで倍返し以上にリベンジできて自己肯定感上がりまくりですよ~。

 釣りに対しての薀蓄を傾けあいたいですね。いつか、都築修で一杯やろうではありませんか!



 追伸:そうそう、今朝、同じ場所で、130㌢のスズキと200㌢のアカメと3㍍のバンドウイルカをトリプルでゲットしました。

 全部合わせて、5時間の格闘劇でした。体はボロボロです。

 桜吹雪舞う中、凱旋ロードを勝利の美酒に酔い痴れつつ闊歩しています。
 

「君がメーター級のブリ君か」

 投稿者:べっさん  投稿日:2022年 3月31日(木)17時37分19秒
編集済
  グッド&ビッグファイトのブログは観ていましたが、
取材を受けての新聞掲載、見事です。

先のアカデミー賞では他の事が大きな話題になってしまいましたが、
受賞した日本の監督が、オスカー像を抱えて、
「オー君がオスカー君か」と粋に喜びのコメントをしてました。
Kururinさんも、対戦を終えた好敵手を抱えて、
「オー君がメーター級のブリ君か」と興奮の写真に、おめでとうを。
 

ハゲ当事者の苦悶と絶望

 投稿者:kururin  投稿日:2022年 3月31日(木)16時05分47秒
編集済
   頭頂部の砂漠化が進行して、回復不可能な深刻な事態にまで陥って「うつ」状態の精神に苛まれた経験者の立場からすると…。

 円形脱毛症に苦しむ女性に対して、短髪にしている姿をジョークのネタにして、公衆の面前で笑いを取ろうとした頭髪フサフサの男性司会者のコメディアンを非難しこそすれ、愛する妻の心の傷に塩をすり込む言葉の暴力に対して、断固として立ち上がり、毅然とした態度で抗議の張り手をお見舞いした男性の妻に対する愛と思いやりに満ちた行動に対しては、批判的な思いは毫も湧きません。

 ハゲ当事者の心の内というものは、悩みや葛藤なんて生易しいものではなく、苦悶と絶望という表現がぴったりです。常に、頭髪の話題に対してはピリピリし、薄毛の話題に対しては、悲しく、頬を引き攣らせて、その場と時をやり過ごすのに苦労させられるものです。

 男性でもそうなのですから、「髪は女の命」という言葉もあるほどに大切に思われるヘアーのことをギャグのネタにされて、聴衆から笑いの声の嵐という拷問を女優さんが受けたとしたら、この上もなく辛く、悲しく、切なく、苦しいことでしょう。ですが、禿げたことのない未経験者にはその心の激痛は理解し辛いものなのでしょう。

 禿親父たちや円形脱毛症に苦しむ方々にも、「人権」ってものがあります。人権をないがしろにされたり、普通に穏やかに生きている尊厳を踏みにじられたら、そりゃあ腹が立ちます。

 日本のお笑いのシーンでも、禿親父のヅラをかぶって出てくるキャラや、実際のハゲ男を出演者にして観客の笑いをとることは少なくありません。

 想像力の欠如した人でなしたちからの侮辱を甘んじて受けなければならない人たちの悲哀はいかばかりか。

 私は、妻の尊厳や誇りを守るために、立ち上がり、「自ら顧みてなおくんば、千万人ともいえども我行かん」の心意気で行動に写した彼の姿を心から格好いいと思います。

 張り手という暴力。人の心をぐっさりと刺して深く傷つける言葉の暴力。先に手を出したのはどちらか、明らかです。正当防衛ということもあるではないですか!
 

豚まんをチン言(い)わす

 投稿者:kururin  投稿日:2022年 3月30日(水)13時48分19秒
編集済
   関西旅行の最後に寄った神戸大丸で、般若嫁様が家族のお土産用に買ったのは、大阪名物551のシュウマイ・肉まん・肉団子。嫁様は自分が大好きなので、自分用お土産という意味合いもあります。

 その中の肉まんを、今さっきにいただいた昼食の際に、三女の「カボちゃん」さんに温めをお願いした際に、私の土佐弁丸出し言葉を笑いながら指摘されました。

「(551の)豚まんをチン言(い)わいてや。」

 自分ではなんの違和感もなく、当たり前のように使う日常会話ですが、聞く人によっては笑える田舎言葉のようです。

「豚まん」&「チン、言わす」

 肉まんを豚まんと表現するのは、ありがちのことですね。でも、「チン、言わす」はどうなのでしょうか?「チンして、温める」という意味です。

 確かに、冷静に考えてみれば、「チン、言わす」は妙な表現です。電子レンジを生き物に喩えて、「チン」と「言わす」のですから。擬人法とも言えるかもしれません。

 さて、嫁様の大好物の551の肉まん。冷蔵庫からチューブの辛子を出してきて、裏の木の皮を剥いで全体に薄く塗って、唇と舌を火傷しないようにガブリとかぶりつきました。とっても旨いです。コンビニの肉まんよりは美味しい。ただ、アグリ窪川の豚まんの方が、もっと美味しいと個人的には思います。 
 

エンジョイ・ベースボールの春

 投稿者:kururin  投稿日:2022年 3月29日(火)16時33分14秒
編集済
   春の甲子園は、明日準決勝。高知高が惜しくも敗れた国学院久我山高が勝ち上がっています。

 私の予想では、決勝に進むのは、浦和学院と大阪桐蔭。どちらも、この前に土佐高が選抜に出場した時に初戦で戦った相手です。わざわざ、浦和や大阪のくじを引かなくても…と悔やんだことをほろ苦く思い出します。

 選抜高校野球を楽しんでいるうちに、プロ野球も開幕しました。大黒柱の鈴木誠也選手がメジャーリーグのカブスに移籍したことで、打線弱体化を心配していましたが、広島カープはまさかの開幕3連勝。

 初戦・第2戦と二けた得点というのも信じられない出来事で、とても驚き、今シーズンを最高のすべり出ししてくれたことを喜んでいます。

 高校野球春季四国大会県予選の方は、準決勝の明徳義塾-土佐戦は、関西旅行のため観戦はできませんでした。

 先日の追手前高戦に楽勝した後、次の試合に登場する明徳義塾の試合前のシートノックを見て守備力を確認しました。その時に、内野手の足さばきの見事さ、動きの速さスムーズさ、送球の安定感にレベルの違いを見せつけられました。

 きっと大差で敗れるだろうと予想して、ネットで試合結果を確かめると、やっぱり、0-7の7回コールド負け。夏の甲子園へ遥か険しい道のりを見せつけられました。でも、県体、夏の選手権と土佐高野球魂を燃やして、必死カッパの応援です。思えば、球場に出向いての応援をできる喜び、有り難さを知った春でした。

 4月になると東京6大学野球春季リーグ戦も開幕します。立教大学は、第2週からの登場で、法政大学と2連戦。第3週には慶應義塾大学戦と序盤から優勝候補の強敵との試合が続きます。

 ネット観戦ができるので、全試合の応援をして、セントポール魂を燃え盛らせます。

 エンジョイ・ベースボールの春。釣行(つりぎょう)と並行して楽しみ尽くします。


 追伸:今知りました。

「2019春秋リーグ戦と同様の勝点制で開催」だと。これは嬉しいです。やっと、もとの形式に戻りました。3年ぶりの勝点制。感激です。
 

阪神高速はおとろしい

 投稿者:kururin  投稿日:2022年 3月28日(月)23時19分48秒
   「chika」さん、今晩9時半過ぎに、無事須崎にたどり着きました。

 無事とは言っても、ヒヤリハットはありました。

 阪神高速の怖さを忘れていて、神戸市の中心地で高速に乗る際に、導流帯の短さ、狭さ、2車線の交通量の多さ、スピードを出している車の車間距離の短さに、たじたじとなり、一瞬の出来事ですが心臓バクバク、血圧上がりまくりになりました。

 般若嫁様の左側確認の助っ人とGoサインのアドバイスで、どうにかこうにか滑り込むように入り込むことができて、本当にほっとしました。

 前にも何度か同じことがあり、大阪や神戸の中心地から阪神高速に乗るのは敬遠して、一般道を走り、交通量の減る地域から高速に入って明石海峡大橋入りすることを心掛けていましたが、今日はそのことをうっかり失念して、冷や汗をかきました。

 都市部の混雑した高速道路って、本当におとろしいですね。
 

レンタル掲示板
/747