teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

【重要】teacup. byGMOのサービス終了について
 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. 返信ありがとう(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


断腸の思いで釣行は断念

 投稿者:kururin  投稿日:2022年 4月20日(水)10時22分55秒
編集済
   朝から悩みに悩みました。

 一日に為すべきことの「優先順位」についてです。

 今日は、須崎人権擁護委員協議会の令和4年度総会の開催日。午後1時30~4時まで、新町の須崎文化会館で行われるのですが、会の準備のため、正午が集合時間となっています。

 正午から4時まで会に参加して、その後は家事をしてから塾業。小6・中1・中2の授業が順番に入っていて、終了は午後10時。12:00~22:00の間、「昼寝の時間」を確保できないのですから、これはきつい!体力的に。

 そこで悩まされたのです。午前中の釣行(つりぎょう)を強行しようかするまいか。朝の7時開始で10時半に納竿すれば、会には十分間に合います。シャワーを浴びたり、髭を剃ったりの身だしなみ整えもできます。が…、疲れがたまって、午後2時頃の会の真っ最中に居眠りをして、いびきをかき、周りの委員さんたちの顰蹙(ひんしゅく)を買うことにならないだろうか。いや、それは必至、きっとなる。

 般若嫁様に相談し、「釣りはいつでも行けるき。」の忠告に従い、断腸の思いで釣行は断念して、休竿日(きゅうかんび)をすることを勇気を持って決意しました。

 悩みに悩んだり、決意するほどの重大事やろうかと怪訝に思われるむきもあろうかと思いますが、心の病としての「釣りに行きたい症候群(シンドローム)」罹患者は、一日釣行を休むと顕著なる禁断症状が出てしまうのです。

 一昨日の月曜日、泣く泣く釣りをお休みして、正午が締め切りとなっている「くろしお進学会高校入試模擬テスト」の採点と成績表作成のため、午前中いっぱい机に座って仕事をしていると、10時半頃、気持ちが不安定になり、そわそわして、ふわふわして、もやもやした気分になり、次第に、いらいらして、なんとも言えぬ持って行き場のないじれったさを感じてしまいました。

 これらって、完全な精神的な禁断症状ですよね。

 
 
 

全国学テに、英語が無いのはなぜかしら

 投稿者:kururin  投稿日:2022年 4月19日(火)19時45分55秒
編集済
   全国学力テストに対する疑問。

 中3のテストに「英語」が課されていないのはなぜなのでしょう。文科省は、あれほど英語教育に力を入れているように見受けられるのに…。

 また、中3・小6ともに「社会」が入っていない理由も知りたいものです。

 国語、算数・数学、理科で「学力テスト」が行われるとなると、現場では、英語と社会の指導が二の次になる懸念は考慮されないのでしょうか。

 今時、学力テストで英語が除外されているのは、どうにもこうにも腑に落ちません。

 もっと言えば、小6でも英語をテストに加えれば、小学校の教育現場での英語教育の充実につながるのにと、公教育の外側から眺めていると思わせられます。岡目八目で、本質や矛盾がよく見えていたりして…。
 

地方から出てきた右も左も分からない生息子さん

 投稿者:kururin  投稿日:2022年 4月19日(火)15時58分8秒
編集済
   43年前に、大学生となって上京した土佐の須崎の田舎者の19歳の初(うぶ)な緑の黒髪美男子。

 生まれて初めていただいた「吉野家の牛丼」のあまりの美味しさに仰天し、一発で悩殺され、病みつきになり、しばらくの間、常食状態に陥りました。食べないと禁断症状が出て、食べたくて食べたくて仕方がない、いらいらしてそわそわして矢も盾もたまらなくなる中毒症状。

「地方から出てきた右も左も分からない生息子(きむすこ=童貞)さんが、初めて吉野家を利用して、そのままシャブ漬けになるような企画」

 これがその当時の経営戦略にあったかどうかは知る由もないですが、まんまとそれにはまった弱冠二十歳(はたち)の私でした。

 若い頃は、大盛りをぺろりと平らげていました。紅しょうがを牛肉と玉ねぎが見えなくなるほどにてんこ盛りに入れて、七味唐辛子を振りかけまくって、噛まずに流し込む勢いでかき込む爽快さ。

 東京暮らし時代にいったい何杯の牛丼を鱈腹食ったことでしょうか。学生時代の思い出の中には、早い、安い、旨いの吉野家の牛丼が色濃く残っています。

 帰郷してしばらく経って般若嫁様と出会い、松山にデートした際に、吉野家のチェーン店が出店していて、嬉しくて、「特盛」を平らげました。太るはずです。幸せ太りではなく、ただの食べ過ぎの結婚後のデブへの一直線でしたね。

 高知市内にもできた頃は、東京時代が懐かしくて、何度も足を運びましたが、そのうちに頻度が落ちました。唐揚げ派になり、ラーメン派になり、たもやのうどん派になりと、我が食道楽人生は変遷していったのです。

 今でも無性に牛丼が食いたくなる時があります。そんな時には、吉野家が須崎には無いので、代替策として「すき家」でいただきます。こちらも紅しょうがを大量にぶち込み、七味唐辛子をこれでもかと振りかけまくり、美味しくいただきます。

 でも、特盛はおろか、大盛りももうよう食べんなりました。並盛を時間をかけて、ちゃんと噛んでゆっくりと味わいます。味噌汁と野菜サラダも付けて昼食にする自分は、若い頃の旺盛なる食欲ぶりを懐かしく思い出す今日この頃です。
 

アンチ巨人&アンチ阪神なのですが

 投稿者:kururin  投稿日:2022年 4月18日(月)16時19分15秒
編集済
   ここんところ野球ハイテンションで、雲に乗ってふわふわと天を舞う気持ちです。

 広島カープはスタートダッシュ。6連勝。好調は持続し、現在首位。明日からのジャイアンツ戦は首位攻防戦で楽しみでたまりません。

 私はアンチ巨人&アンチ阪神なのですが、阪神巨人戦に限ってはタイガースを応援します。アンチ度が、巨人 > 阪神ですし、今年はあまりにも負けが込んだ阪神なので、同情と判官贔屓もあってタイガースを熱烈応援。すると、阪神が巨人に2勝して、カープの援護射撃をしてくれたので嬉しいです。

 鯉幟(のぼり)の季節に向けて、上昇気流に乗ってさらなる飛躍を期待する熱烈カープファン。それにしても、メジャーで大活躍の鈴木誠也選手が抜けたにもかかわらず、鯉の滝登り的躍進ぶりは素晴らしいとしか言いようがありません。

 評論家たちはカープの最下位予想をしていましたし、カープファンでさえそれを納得していたふしがあるので、今のところ首位キープはアンビリーバブルな春の珍事。カープ、カープ、広島カープ~!

 さて、東京6大学野球春季リーグ戦でも、立教大学が好発進。好調カープのハイテンションに輪をかけての昇天ぶり。早稲田大学に連勝で勝ち点を取った強敵・法政大学に対して2連勝。4-1、7-4の完勝での勝ち点奪取は、久しぶりの天皇杯獲得に夢と希望を抱かせてくれます。

 今週末の慶應義塾大学戦が、優勝への鍵となります。立教は慶應に弱くて、近頃勝ったことがありません。優勝への道に立ちはだかる鬼門の慶應義塾を撃破して、優勝の凱旋門へと突き進んでほしいです。行け~、立教健児~!

 一昨日の土曜は、カープと立教がダブルで勝利。昨日の日曜日は、立教は勝ちましたが、カープはエース森下が乱れて、1・2回に4点ずつを献上し8失点を喫してしまい敗れました。

 日曜は、ルンルン気分で午後2時過ぎまでを過ごせましたが、8失点を知った3時以降は、嬉しさと悲しさが交錯する複雑な気分。心模様を野球に左右されるのは、皆さん同様のファン心理でしょうね。
 

漂泊の思ひやまず

 投稿者:kururin  投稿日:2022年 4月17日(日)10時41分20秒
編集済
   旅心がくすぐられます。46年ぶりに。


 第1日目

 高知 → 伊野 → 八幡浜 → 佐賀関 → 大分 → 別府 → 鶴見岳 → 由布岳 → 城島高原

 第2日目

 湯布院温泉 → 雨乞山 → 由布院 → 九重山 → やまなみハイウェイ → 阿蘇山 → 熊本(水前寺公園・熊本城・熊ノ岳)

 第3日目

 熊本 → 植木 → 長州 → 多比良 → 愛野 → 長崎

 第4日目

 長崎 → 西海橋 → 佐世保 → 平戸口 → 平戸 → 九十九島めぐり → 鹿子前 → 弓張岳

 第5日目

 弓張岳 → 佐世保 → 愛野 → 雲仙 → 島原

 第6日目

 島原 → 松島 → 合津 → 三角 → 宇土 → 串木野 → 鹿児島

 第7日目

 鹿児島 → 桜島 → 御岳 → 国分 → 霧島 → 霧島山 → 高千穂峰 → えびの高原 → 小林 → 青島(亜熱帯植物群生地) → 宮崎

 第8日目

 宮崎 → 日向 → 延岡 → 佐伯 → 宿毛 → 高知


 う~む、素晴らしい旅です。九州巡り7泊8日の贅沢極まりない旅。地名を書き連ねているだけでも、旅情が湧き上がり、心躍り、胸ときめきます。「片雲の風にさそはれて、漂泊の思ひやまず」的な気持ちが高まってきて、無性に九州への旅に出たくなりますよ。
 

ハッピー・ライフ・オブ・フィッシング

 投稿者:kururin  投稿日:2022年 4月16日(土)08時08分46秒
編集済
   「フーテンの土佐」さん、「スズキ目」&「イオン目」のレクチャーをありがとうございます。

 とっても興味深いお話で、勉強になります。ネットのウェキペディアで「スズキ目」について調べてみました。


「 スズキ目は現生の魚類としては最も多くの種を含み、多種多様な形態・生態を示すグループである。淡水・汽水域・海、海では沿岸部から外洋・深海と、ほとんどすべての水圏に分布している。多くは海水魚であるが、淡水のみに生息する種が 2,000 種程度、成長の過程や季節回遊のため一時的に淡水域で生活する魚がおよそ2,300種知られている。」


 そのスズキ目の代表魚スズキが目下の釣行のターゲットです。78㌢の自己記録魚を先頃釣りましたが、メーター超えも珍しくないお魚さんだけに、この記録はなんともしょぼくて、とても胸を張って威張れるものではありません。

 家からすぐそばの、近頃すっかりホームグラウンドとなっている木材団地近くの警察船係留波止でのビッグ・ワン・マルスズキを追い求めて日参。

 並行して、座布団級のヒラメ、デカマゴチにも憧れて、フラット・フィッシュ狙いの仕掛けでの釣りも間にはさんで、富士ケ浜西の突堤にも時々訪ねています。

 200円のアカアミブロックを4~5回に分けて使用し、3枚で250円のアジゴ釣りのルンルンサビキの1枚も5~6回使って活きエサのニロギとカタボシイワシを釣る超安価な釣り。たまに磯でも釣れないようなでっかいのが釣れるので、コスパは最高です。

 毎日通っても経費はごくわずかなので、本当に嬉しく楽しいハッピー・ライフ・オブ・フィッシングであります。33年前に、この幸せな世界に誘い、導いてくださったことを心から感謝しております。

 ちなみに、「イオン目」も調べてみましたが…。「イオン目黒店」などの説明ばかりでした。当たり前ですね。
 

スズキ目は一大勢力

 投稿者:フーテンの土佐  投稿日:2022年 4月16日(土)05時30分27秒
編集済
   フジがイオンの傘下になりましたね。
フジの株式をイオンが50%以上を取得して、子会社化したそうですね。西日本マックスバリューのグループとしてマルナカと一緒になったそうです。


スズキ目サバ科カツオ、スズキ目サバ科マグロみたいなものですね。

いやはや、スズキは一大勢力ですね。あっ、いや、イオン目ですね。イオン目マックスバリュー科マルナカとイオン目マックスバリュー科フジってことですね。

マグロ目カツオ科スズキ、サバっていうのが刺身の値段でしょうけど、スズキ目サバ科カツオ、マグロの序列が分類上でしょうか。

イオン目マックスバリュー科マルナカ、フジ、サニーマート、サンシャイン、サンプラザ、エーマックスとなったら、なんだか多様性社会から専制政治社会になったリして・・・・
 

憧れのお魚さんに出会うため

 投稿者:kururin  投稿日:2022年 4月15日(金)17時48分29秒
編集済
   (※写真付き釣りブログ:https://ameblo.jp/keitakun-2019/


 来る日も来る日も、朝の朝っぱらから岸壁通い。木材団地埠頭を望みつつ、警察船係留波止(突堤)東角に陣取ります。熱意溢れる精励ぶりは、中高生の部活の如き真面目さ、ひたむきさ。

 狙いは、スズキのランカーサイズ。せめて80㌢を釣りたいと願って、ニロギ(ヒイラギ)を泳がせてヒットの瞬間を今か今かと待ちわびます。

 熱き思いとは裏腹に、スズキ菜穂子様は冷たくてつれなくて、釣れなくて、静かでうららかな春の時間がゆったりと流れていきます。まったく魚信(あたり)のないままに、3時間以上が経過し、そろそろ納竿にしようと思っていると、チャリンコ(自転車)ルアーマンの顔馴染みの同好の士がやってきました。

 近頃の釣況を話し合っていると、10時半前に突如、ウキが海中にかき消され、ファイトの時が訪れました。すわっ、遂に菜穂子様のご登場か!

 やけに引きが強いです。磯竿の1.75号は継ぎ目出過ぎで引っ込まなくなったトラブルで釣り具屋さんに修理に出しているので、3号の強い竿を使っています。3号は強くて、スピード感&重量感たっぷりの引きに胴をしならせて対抗してくれます。

 先日の悲願ブリと自己記録スズキで、稽古量はたっぷり。腕の筋肉も大型魚たちに鍛えてもらっていますし、ドラグを十分活かしてのやり取りにも慣れているので、けっこう余裕を持ってのファイトを楽しむゆとりもあります。

 3号の剛竿を弓なりにしならせて走り回るお魚さんの引きを、左腕でがっしりと受け留め、沖を右に左にと全力疾走の相手と格闘すること20分。寄ってきて姿を見せてくれたのは、残念、菜穂子様ではありません。青物です。いつまで経っても浮上せず、エラ洗いもしないので途中で青物だと分かりましたが、やっぱり、ちょっとがっかり。

 ルアーマンのHさんがタモ入れの助っ人を買って出てくれて、無事取り込みに成功。まあまあの型ですが、やけに小さく見えてしまうのは、先頃の悲願ブリがでかすぎたためにほかなりません。一応、検寸してみるとジャスト80㌢。でも、釣りたいのは80㌢のブリではなく、ランカーのスズキ奈穂子様。

 憧れのお魚さんに出会うための日参、ルーティン・フィッシング・ワークはこれからも続きます。
 

基礎学力を万全に

 投稿者:kururin  投稿日:2022年 4月14日(木)18時23分28秒
編集済
   珍しいことが起こるものです。

 小6クラスに一気に2名の新入塾生を迎えられると、昨日の授業前に喜んでわくわくとときめいているとですね、なんとその2名のほかにもう2名、体験入塾として授業を受けにきてくれている児童がいたのです。

 そのまま入塾につながってくれれば最高ですが、いやなに、訪ねてくれて体験してくれるだけでも上等で有り難いです。将来の入塾になってくれればそれで十分です。

 私立中受験指導を排する運営方針で、「基本を着実に習得し、基礎学力を万全にして、小学校で履修する課程をまんべんなくマスターして中学校生活に送り出すスタイル」の塾形態にして久しいですが、そのやり方が地域に受け入れられ、浸透しているのを実感します。

 4月になってからは、釣れたお魚さんの数よりもずっと多くの新入塾生を迎えられていることが、我ながら驚きです。でも、けっして新規生殺到と言うわけではなく、ポツリポツリと増える微増ですが、ぽたぽたと落ちる水滴も貯まれば水たまりになるように、我が塾も小さな水たまりのような塾になりたいです。

 お魚さんは入れ食いではなくてもひとっつもかまいません。塾生がちょっとずつでも釣れて、もとい、集まってくれれば、納得でとても嬉しい今日この頃です。
 

やっぱり「果報は寝て待て」

 投稿者:kururin  投稿日:2022年 4月13日(水)15時26分4秒
   午前中の釣行の心地よい疲れから、昼食後、応接室のソファーに寝転んで午睡をむさぼり、1時間ほどして目が覚めたタイミングで隣の事務室の電話が鳴りました。

 なんと、新入塾の申し込み。昨日、ここに、「果報は寝て待て。そうそう、入塾申し込みの電話は、きまって応接室のソファーで昼寝を決め込んでいる時にかかってくるのは不思議な現象であります。」と書いたばっかりのタイミングに、驚き桃の木山椒の木ですよ、まっこと。

 言えば叶う。別にそう願っているわけでないのですが、言葉に出して言ったことが現実化するのは不可思議です。「言霊(ことだま)」の現象でしょうか。

 学年は、中2。中2クラスに新入塾生が着々と集まってくれていることはこぢゃんと心強いです。来年度の中3クラスにつながるので、近い将来の経営的不安感が少なくなってくるからです。

 お電話をくださったお母様も、我が塾の卒塾生。4期生です。親子二代にわたってのご縁に恵まれるだなんてなんと嬉しいことではありませんか。

 実は、今日から小6クラスに新入塾生が一気に二人も来てくれることになっています。釣行の方のみならず、塾稼業の方でもぼちぼちと運気が上昇してきた感があって、とっても心強いです。
 

レンタル掲示板
/747