teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 返信ありがとう(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:96/7505 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ツレがうつになりまして

 投稿者:kururin  投稿日:2022年 4月11日(月)15時41分0秒
  通報 編集済
   娘たちが、「Netflix(ネットフリックス)」に加盟しているので、私も映画を観るために使用させてもらっています。

 近頃では、フォレストガンプ、キャストアウェイ、イエスマンを観ました。丑三つ時に尿意を催して起きた時に、ついでに真夜中の映画観賞会をします。眠気が来たら、またお布団に潜り込みますが、面白くなって全部観てしまい、早くなった夜明けを迎えてしまう時もあります。

 今観ているのは、邦画の「ツレがうつになりまして」。ネトフリのお薦め映画にあったので、興味深く観始めると、「そうそう、鬱になったらこんなになるがよね」、「これって鬱病の症状ながよね」、とうなづくシーンの連続。同病相憐れむ的に腑に落ちたり、大いに賛同したりして楽しんでいます。

 さて、その鬱病体験ですが、発症時がちょうど20年前のことでした。トリガーとなったのは、多額の負債による「借金苦」。経済的な問題は、気の持ちようでどうにかなるものではないので、本当に苦しく、追い詰められて、遂には普通から病気までのグレーゾーンを越え、正真正銘のうつ病となってしまいました。

 精神科医の同級生に診察、診療してもらい、命を救われました。抗うつ剤、睡眠剤を処方され、毎日、抗うつ剤の点滴にも通院しました。

 絶望感、焦燥感、不眠、希死念慮。鬱の時って、本当に苦しいです。家族の理解と支えと協力によって、薄紙をはがすように少しずつ改善し、2年と3ケ月で寛解に至りました。

 真夜中に起き出して、ふすまの前で背中を曲げ座り込み、膝を抱えて嗚咽にむせんだことを、「ツレがうつになりまして」で同じシーンを見た時に鮮明に思い出します。

 鬱病罹患中、本来ならば入院治療しなければならなかったのですが、親友でもある担当の精神科医さんが甲斐甲斐しくカウンセリングと治療を毎日してくれて、通院治療で済ませてくれたのは有り難かったです。

 鬱は午前中に最悪な状態となり、夕方には割合楽になるので、授業は額に脂汗をかき、薬の副作用でペンを持つ右手を痙攣させながらも、どうにかこうにかこなしました。

 第20期生の時でしたね。でも、不思議なことに、まともによう授業せんかったり、強烈なリーダーシップを発揮したりできんかったこの学年って、超優秀で、進学実績的には歴代最高だったりするもんですから、世の中分からないものです。

 追手前高8名、土佐高3名、高知商2名、高知工2名、小津高1名、土佐塾高1名などですから、今でも信じられません。気合を入れて教え過ぎない方が、塾生たちは主体的、積極的に学んで伸びてくれるのかもしれんと、その時の経験でヒントをもらったものです。

 鬱病には苦しめられましたが、今では本当によい体験だったと感謝しています。何よりも、自らが芯から苦しみ抜くことにより、苦境にある人たちのことが深く理解でき、心から寄り添えるようになったことは人格的進歩です。

 塾生たちに対しても、できる子をさらに伸ばして、自己満足的に高偏差値の学校に送り込む指導より、できない子、ややできない子、そして普通の子も、できる子と同じように、いや、ずっと尊重して見守り、一所懸命にかかわって、学力的な「自信回復運動」につながる指導にシフトしていきました。

 苦しみ抜いた先には、人間的な成長という実りがあったことは本当に嬉しく、生涯にわたっての心の財産となっています。今では、鬱病になって良かった、有り難かったと感謝するまでになっていることを、ネットフリックスの映画「ツレがうつになりまして」を観ていて、しみじみと実感しています。真夜中に。

 そして、ツレがうつになった般若嫁様が、マリア様、女神さまのごとき慈愛で私を包み込み、守り抜いてくれたことに、心からの感謝の思いでいっぱいにもなります。合掌。



※ Netflix(ネットフリックス)

 インターネット上で映画やドラマ、アニメなどが見放題になる動画配信サービスです。ネットフリックスでしか観られないオリジナル作品も存在します。
 
 
》記事一覧表示

新着順:96/7505 《前のページ | 次のページ》
/7505