teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


歩道ではでは「走るな!」が戒律

 投稿者:sharetheroad  投稿日:2017年 2月 7日(火)00時16分19秒
  歩道では対面交通だからすぐ止まれる速度でないと危険です。たとえ時速4~5km/hでも対面時の相対速度は8~10km/hです。肩がぶつかり合っても許せるのはここまででしょう。現実は歩道での自転車の速度は8~15km/hが当たり前ですから対歩行者の相対速度は12~20km/hにもなります。もっとひどい場合もあるのですから(ヘルメットなしでは)安心して歩けませんよね。「歩道」すなわち「歩く道」(歩行者の精神世界)では「走るな!」が戒律なんですから「走る道具」(自転車など)を使ってはならぬのは当然ではありませんか。  
 

「道路を取り返せ!」が正義

 投稿者:sharetheroad  投稿日:2017年 2月 7日(火)00時14分8秒
  自転車は「走る(走行する)乗り物」だから「歩道通行は違法である」と改めてほしいですね。「徐行し走行する」(徐行して通行する)なんて自転車の利便性(機能と運用)に反する(を損なう)から誰も守ろうとしないし守れないんですよ。あるいは「自転車の利便性を奪う(制約する)法律」はクルマ本位(最優先)の賜物ですからね、無意識に抵抗してるんだと思います。
イジメられたらイジメ返したくなるもんなんですね。ただし、その矛先が本来のクルマではなく弱者である歩行者に向けられてしまうなんて、そして『奪われた利便性の代償行動が歩道走行』だなんて情けないし悲しいじゃありませんか。「道路を取り返せ!」が正義なんですから自転車は車道で「義は我にあり!自転車を守れないクルマの走行は違法だ!」と堂々と主張すべきです。
 

『弱い者イジメの無い社会』を実現するには

 投稿者:sharetheroad  投稿日:2017年 2月 7日(火)00時11分30秒
   誰もが平等に安心して歩ける、走れる、暮らせる『弱い者イジメの無い社会』を実現するには、①歩行者とクルマが出合うときにはクルマを歩行者の速度に落とさせる、②歩行者と自転車が出合うときには自転車を歩行者の速度に落とさせる、③自転車とクルマが出合うときにはクルマを自転車の速度に落とさせる、この三つの行為が当たり前に見られる社会にすればよい。要するに現実(イジメ社会)と真逆な社会にするのが法律の正しい運用だと思う。まさか「現実の奴隷が正しい道だ!」などとは思ってないよね。イジメに屈することも加担することも許さないという強い正義感をお持ちなら。*(出合う)ある場所でいっしょになる。  

自転車を守れてないのだからクルマの走行は違法である

 投稿者:sharetheroad  投稿日:2017年 2月 7日(火)00時09分41秒
  >煽り運転、幅寄せなどの危険運転や、理由もなくクラクションを鳴らすなど、自動車を用いた暴行行為を行う者がいる場合。

同一車線上に自転車がいる場合は、クルマは自転車の通行を妨げてはなりません。自転車が走行車線にいる場合は、いったん自転車の速度まで減速して走行するか、追い越す場合は十分な側方間隔を空けて追い越さなければなりません。しかしクルマはこれに反して「自転車を脅かすような速度と側方間隔で追い越してる」のが現実です。要するに「クルマの走行は違法状態である」つまり『自転車を守れてないのだからクルマの走行は違法である』とするのが法律の正しい運用だと思う。「実力支配の時代」と違って、今は「相互承認の社会」なんですから「法律を守れないクルマや自転車には自分の意志で走る自由も権利も無い」ことを分からせないと。
 

歩行者を守れてないのだから歩道走行は違法である

 投稿者:sharetheroad  投稿日:2017年 2月 7日(火)00時08分18秒
  車道走行は必須? 自転車で歩道を走ることは違法なのか
https://lmedia.jp/2017/01/28/74742/
>都内の歩道の6割は「道路標識等で指定された場合」に該当しており、自転車が走行できる歩道は、私たちが考えている以上に多いのかもしれません。

歩道を自転車が走行する際は、歩行者の通行を妨げてはなりません。歩行者がいる場合はいったん歩行者の速度まで減速して走行するか、もしくは押し歩きすべきです。しかし歩道を走行してる自転車はこれに反して「歩行者を縫うように追い越してる」のが現実です。要するに「自転車の歩道走行は違法状態である」つまり『歩行者を守れてないのだから歩道走行は違法である』とするのが法律の正しい運用だと思う。歩道のない道路でも、クルマはもちろん自転車もいったん歩行者の速度まで減速して走行するか、追い越す場合は十分な側方間隔を空けて追い越さなければ違法ですよ。
 

人で無し(ヒトデナシ)の温床

 投稿者:sharetheroad  投稿日:2017年 1月23日(月)11時59分2秒
  「電通はなくならない。自由がまたひとつ、なくなる」
http://www.huffingtonpost.jp/shota-maeda/dentsu-overworking_b_13870446.html
こんな「元社員(15年間在籍)」を育んだ「人で無し(ヒトデナシ)の温床」は解体して無くすべきです。「自律できない、ルールも(出し抜く)守れない社会(電通が典型的)」や「弱いもの」が「強いもの」の欲望や感情に隷属する不平等な「イジメ社会(電通もまさしく)」が、高橋まつりさんとその未来を、「世代を超えて永遠に続く『生命を育む営み』《家族》」を殺したからです。
 

ルールを出し抜く社会

 投稿者:sharetheroad  投稿日:2017年 1月23日(月)11時53分59秒
  「ルール(協定、規則、法律)を守れない輩(クルマや自転車)には自分の意志で生きる(生き方を決める)自由も権利も無い」ことを分からせないと。「実力支配の時代」だとか「強者の願望(欲望や感情)に隷属するイジメ社会」だとか、そんな嫌な現実(ルールを出し抜く社会)だからこそ、「相互承認による平等な、イジメの無い社会」に変えなくちゃならないんだ。負けちゃダメだよ!日頃の鬱憤を晴らしたい気持ちは分かるけどね。「なんでクルマばかりが優遇されるんだ!なんで自転車を敵視するんだ!弱者を守るのがルールなんじゃなかったのか!」、、、大人への不信は「一人前の大人」になってから表明しましょうね。  

自由を律する能力

 投稿者:sharetheroad  投稿日:2017年 1月 7日(土)19時00分38秒
  「自由」だけだと「人間の欲望や感情をいかに制御するか」という「理性の本質的な活動」が後退して「自律できない、ルールも守れない社会(会社)」となります。結局は「弱いもの」が「強いもの」の願望に隷属する不平等な「イジメ社会(会社)」となってしまうのです。  

世代を超えて永遠に続く営み

 投稿者:sharetheroad  投稿日:2017年 1月 5日(木)04時04分57秒
  「実力支配の時代」と違って「相互承認による社会」では「他人の自由を尊重し守れる能力がある」(一人前の大人)と認められたなら誰でも「自分の生き方を決める権利、つまり自分の自由の行使」が平等に保障されます。「ルール(協定、規則、法律)を守れない人(会社)には自分の意志で生きる自由も権利も無い」ことを分からせないと。
「人間が社会(会社)をつくるが社会(会社)が人間を変えてしまう」とは、社会(会社)の人間をつくっているのは社会(会社)環境ですが、その社会(会社)をつくっているのは人間だから、社会(会社)を媒介にして人間が人間をつくっているという事実を、すなわち「生命を育む環境として社会(会社)を作る」倫理的使命・責任を我々人間に突き付けて問うているわけです。
動物園に行けば「未来も希望も無い家族」を檻の中に見ることができます。「生命を育む営み」を奪われたなら人間もああなるんだよと教えてくれます。「家族を殺す働き方」を強いた人間はヒトデナシと化してたんでしょうか。「おかしな社是や社訓」の犠牲者を悼む番組や記者会見がありましたが、「長時間労働は健康に良くなかった、マネジメントも悪かった」などの反省の弁はありましたが「おかしな社是や社訓」は残念ながら検証されませんでした。「自然界の摂理」ではありますが、人間界に於いても「生命を育む環境を作り、生命を育むために働く」ことは「世代を超えて永遠に続く営み」ですよね。ならば御社の社是や社訓は「働き方の指針」としてこれに恥じないものと言えるでしょうか。ぜひご検証願いたい。
普通のメディアでは知りえないこと。
www.mynewsjapan.com/reports/2298
 

自転車の速度って一般に何キロですか?

 投稿者:sharetheroad  投稿日:2016年 6月13日(月)05時47分14秒
  「自転車の速度って一般に何キロですか?」と問われた時にみなさんはどう回答されてます?こちらの回答例ですと
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1114093621 [http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1114093621&h=daqejzhok&s=1_green]

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1110729536 [http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1110729536&h=uaqhevbgn&s=1_green]

①ゆっくり走ってるお買物自転車で 約 15km/h、通勤・通学で急いでる自転車で 約 25km/h、高校生が気合入れて漕いでると 約 35km/h
②ママチャリだと、軽くで12Km/h、軽快に飛ばして20Km/h、もがいて27~34Km/h

 「一般にってどういうこと?」と聞き返したくなりますが、「お買い物自転車では12~15km/h、通勤・通学用自転車では20~25km/h、スポーツバイクだと25~30km/hですよ」と答えるのが一般常識(無難?)かも知れませんね。つまり「用途により速度が異なりそれに適した自転車がある」と。さらに「ただし道路状況により制約を受けます」と付け加えられたら完璧かもね。もちろんロードレーサーの活躍する速度域はこれを超えてますよ。でも公道では道路を閉鎖して安全対策を施す必要がありますので一般的ではありませんよね。
 

レンタル掲示板
/17